FAQ|よくあるご質問

よくあるご質問

サービスについて

roundabout(ラウンドアバウト)とは何ですか?
ラウンドアバウトとはスマートフォンベースのサイトから各種スマートフォン・携帯端末に対して、適切に変換する携帯コンテンツ変換エンジンです。詳しくはラウンドアバウト製品サイトをご覧ください。
どのような企業向けのサービスですか?
ECサイトから製品コーポレートサイトまで業種・業態問わずご利用いただけます。スケーラビリティに優れたクラウドを基盤にした、ハイパフォーマンスな変換ソリューションのサービスなので、大規模サイトでも安心です。
他のサービスと何が違うのですが?
一番の違いは、スマートフォンベースのワンソースサイトをスマートフォン・携帯向けに変換するという点です。既にある携帯サイトをスマートフォン・他キャリア携帯向けに変換する利用方法も可能です。
導入することで何ができるのですか?
機種ごとに様々に異なる画面の大きさやスペックの違いを考慮することなく、短期間・低コストでスマートフォン・携帯の両方の対応ができます。スマートフォンへの対応をしたいが今後の動向が見えない、モバイルサイトとの仕様や機種スペックの違いで手が出せないといった状況を、ラウンドアバウトクラウドの導入により解決することができます。
導入事例はありますか?
ラウンドアバウト クラウドの変換技術基盤である「ラウンドアバウト」の導入実績はこちらをご覧ください。ラウンドアバウト クラウドの導入事例は順次公開していきます。
footprint(フットプリント)とは何ですか?
フットプリントはモバイルアクセスログ解析支援ツールでアクセスされたスマートフォン・携帯のユニークユーザが把握できるログを自動的に記録します。詳しくはフットプリント製品サイトをご覧ください。
アクセス解析はできますか?
モバイルアクセスログ解析支援「フットプリント」が標準サービスに含まれており、スマートフォン・携帯からのアクセスもユニークユーザで正確に計測可能なログが取得できます。これを用いてお好きな解析ツールでアクセス解析が可能です。
他のASPサービスとの連携は可能でしょうか?
連携は可能です。詳細はお問合わせください。

このページのTOPヘ

料金について

複数のサイトで利用したいのですが、サイトごとに料金を支払わないといけないですか?
料金はドメイン単位になります。同一ドメイン内の複数サイトであれば、1契約内でのご利用が可能です。複数ドメイン利用される場合は、ドメイン数分ご契約頂く必要がございます。詳しくはお問合わせください。
大量のアクセスがあるサイトは、料金は無制限に上がってしまいますか?
ラウンドアバウトクラウドをご利用頂く場合は、アクセス数に応じて料金が発生します。月間500万PV以上はボリュームディスカウントされます。また、クラウドでスモールスタートして、アクセス数が増加した場合にはラウンドアバウトの製品版への移行ができる点もこのサービスの特徴です。詳しくはお問合わせください。
オプションサービスはどのようなものがありますか?その料金はどうなっていますか?
オプションサービスには保守サポート、SSL、開発環境オプションがございます。詳しくは価格ページをご覧ください。

このページのTOPヘ

導入方法について

導入までの期間はどの程度必要ですか?
コンテンツの基準言語に縛りがなく独自ドメインがそのまま使えるので短期間での導入が可能です。ネットワーク設定を含め一週間程度が目安とお考えください。
携帯キャリアIPでアクセス制限をしていますが、それでも利用可能ですか?
現在、アプリケーション側でIP制限をされているのであれば、問題ございません。ラウンドアバウトクラウド側でIP制限を行いたい場合は保守サービスオプションのお申し込みが必要になります。ただし、IP制限した場合は、一部のスマートフォンのアクセス、及びスマートフォンのWIFI経由のアクセスも制限されます。また、いずれの場合もラウンドアバウトクラウドからのアクセスを許可頂く必要がございます。詳しくはお問合わせください。
テスト中、サイトを外部に公開したくないのですが、対応はどうすればよいですか?
お客様サイト側のサーバー設定にBasic認証を設定していただければ、限られた関係者だけがアクセスできます(導入サポートのため弊社担当者にアクセスを許可していただく場合がございます)。
ラウンドアバウト クラウドの導入にあたり、サイト側(お客様側)で行う作業にはどのようなことがありますか?
弊社サーバからのアクセス許可設定、動作確認コンテンツの配置を行って頂く必要がございます。
サイトの開発はどのように行えばいいですか?
ラウンドアバウトのデベロッパーズコネクションから開発に関する資料やテンプレートのダウンロードが可能です。これらを参考に作成頂くことをおすすめ致します。

このページのTOPヘ

変換について

iモード向けのサイトをスマートフォンや他の携帯に変換することはできますか?
可能です。従来タイプの携帯サイト(画像サイズがQVGAサイズ基準で作られたもの)は、スマートフォンやVGAサイズ(480ピクセル)の携帯端末では画像が小さく見えてしまいますが、ラウンドアバウト クラウド側の設定変更で見やすい表示に調整します。
しかしこの場合画像が引き伸ばされ表示がぼやけるので、VGA基準の画像素材に変更することをお勧めします。まずは従来サイトでラウンドアバウト クラウドを導入し、段階的にVGA基準デザインに切り替えていくこともできます。詳しくは担当までお問合わせください。
auやSoftBank用サイトからの変換はできますか?
可能です。au・SoftBankでは外部CSSが使えますが、外部CSSに対応するスマートフォン・iモード(iモードブラウザ2.0以上)はもちろん、非対応のiモード向けにも変換します(変換対象となる外部CSSファイルは1つ)。ただし、端末により有効なCSSプロパティが異なるので注意が必要です。ラウンドアバウトでは安全に使えるデフォルトCSSや、テンプレートを提供しておりますので、それを使うと便利です。
PCサイトからの変換はできますか?
PCと携帯では適した情報量やレイアウトが大きく異なるため、ラウンドアバウトクラウドでは対応していませんが、弊社の別製品ジーンコードでPCからスマホサイトへの変換に対応しています。

ラウンドアバウトと併用してPCから携帯への変換も可能なので、ぜひご覧ください。
キャリア固有の表示を、表示不要なキャリアやスマートフォンなどで非表示にできますか?
HTML上で機種スペックによる表示切替ができる「表示コントロール機能」で対応可能です。また機種スペック情報は、お客様サーバーのアプリケーションで参照することができるので、より高度な制御を行うことができます。
画像をスマートフォン向け・携帯向けに変換できますか?
1つの画像で、スマートフォン・携帯どちらにも最適な画像に変換し表示します。高品質な画像でもファイルサイズを気にせず使えるので、スマートフォンでも従来よりもきれいな画像を表示できるようになります。
特定のディレクトリを変換対象から除外したいのですが可能ですか?
初期設定時であれば、ラウンドアバウト クラウド側の設定で可能です。尚、画像についてはHTML上で変換オフの記述ができます。
絵文字の変換はできますか?
ラウンドアバウト クラウド側で相互変換を行なうので、3キャリアどの絵文字を使っても構いません。ご利用の際は、Unicode形式で記述してください。
PCサイトからのアクセスをリダイレクトできますか?
初期設定時にラウンドアバウト クラウド側で設定することが可能です。

このページのTOPヘ

対応端末について

サポートされている機種はどれくらいありますか?最新機種はサポートしますか?
スマートフォンを含むほとんどの端末に対応しております。詳しくはをサポート情報をご覧ください。新機種の対応は発売日の一両日中に行います(スマートフォンに関しては一部例外があります)。サポート機種情報は毎日更新され、常に最新の状態を保っています。
iPadやGALAXY Tabなどのタブレット端末はサポートしますか?
画面サイズの大きなタブレット端末は、スマートフォン/携帯の小型デバイスと違い、別途適した情報量やレイアウトがあると考えるため、サポートしていません。ただし、スマートフォン・携帯で統一した画面構成を取る場合は、オプションでの対応が可能です。

このページのTOPヘ

サポートについて

導入や技術的な質問・サポートは受け付けていますか?
はい、導入サポートはさせて頂きます。導入後のサイト開発に関するサポートについては保守サポートオプションを申し込まれたお客様のみを対象とし、平日10:00〜18:00(年末年始・祝日を除く)で対応いたします。ただし、トラブル対応については保守サポートオプションの有無に関わらず対応致します。また、緊急時のお問合わせについては、別途緊急用お問合わせ窓口にて受け付けております。
サービスのメンテナンスや停止はありますか?
システムのメンテナンス・バージョンアップ等により一時的に停止させて頂く計画停止を行う可能性はございますが、その際は事前にご連絡いたします。

このページのTOPヘ

その他

ラウンドアバウト クラウドを経由してセッション管理を行うことはできますか?
標準サービスの「フットプリント」のCookieエミュレーション機能で、Cookie非対応な携帯端末でも、サイト側でCookieを使ったセッション管理を行えます。
SEO対策はどうなりますか?
独自ドメインが使用可能で導入によるURLの変更がないので、現在行っているSEOを内部施策・外部施策ともにそのまま行うことができます。さらに、クローラーを識別して表示を出し分ける機能もございます。

このページのTOPヘ

よくあるご質問
  • サービスについて
  • 料金について
  • 導入方法について
  • 変換について
  • 対応端末について
  • サポートについて
  • その他
ジーンコード製品サイト