レスポンシブより早い、モバイルファーストな制作手法

レスポンシブでのサイト制作は、PCとスマホ双方の構成・デザインを共存させる必要があり、コーディングに際しては2つのデザインを再現できるように調整を重ねる必要があります。

GCモバイルファーストなら、スマホ閲覧に特化してコンテンツを考案するだけで大丈夫。PCユーザーには自動サイト変換を行うことで、レスポンシブより早いマルチメディア対応が実現します。PCサイトの自動変換はスマホサイトには影響を与えず、細かくレイアウトを調整することも可能です。

レスポンシブの一般的な制作フローとGCモバイルファーストの制作フロー

スマホ利用率は60%〜90%、Webはスマートフォンが主役

インターネットにおいてのスマホ利用率は既に60%を超えてPCを上回り、今後その差は開く一方です。

特に20代〜40代では80%と顕著で、時代は必然と「PCを中心としたサイト設計」から「スマホ中心のサイト設計」が主流となります。

レスポンシブにおける課題

GCモバイルファーストが使いたくなる4つの特徴