お問い合わせ

受付時間 : 平日10時~18時

FAQ

製品に関するよくあるご質問をまとめました

HEADING: ABOUT DEVELOPEMENT

コンテンツ開発に関して

基本的な構造、ヘッダー、メイン、フッターが正しく記載されていれば、GCモバイルファーストとしては、問題ありません。

詳しくは、利用ガイドに記載されている、記述ルールを参照ください。

はい、あります。

「MFEdit」と呼ばれる専用の「Google Chrome 拡張機能」を利用します。

メディアクエリーは利用しません。

メディアクエリーは強力な反面、組み合わせが複雑になりやすく、それ故に扱いにくいケースが多いためです。

GCモバイルファーストでは、曖昧な概念を可能な限りなくしシンプルな作りに仕上げました。

はい、モバイル用だけです。

ただ、どうしてもPCでは、という場合がありますので、モバイルには影響しないよう、PC専用のCSSを差し込むことが可能です。

GCモバイルファーストでは、320/480ピクセルで作成することで、最適な結果が得られる仕組みになっています。

デザインに応じて、最適な数字は変化しますが、それにも対応できます。

PC表示の確認の必要があります。

PC向けのサイト表示では、スマートフォンサイトのデザインを最大限活かすため、大きな崩れは比較的ありません。しかしながら画面の大きなレイアウトや文脈などを確認いただき、MFEditでデザイン修正することで、よりイメージに近いPCサイトを提供することが可能です。

なお、GCモバイルファーストの特性上、スマートフォンサイトへの影響はありません。

HEADING: ABOUT FUNCTION

機能に関して

はい、可能です。

PCでは、「表示させない」「PCだけには表示させる」といった制御が可能です。

はい、可能です。

GCモバイルファーストは、導入するだけで最適な形が得られますが、MFEdit を利用することで、お好みのレイアウトに構成を変更可能です。

はい、可能です。

モバイル用のCSSとは、完全に分離しており、モバイルサイトに影響を与えることは決してありません。

はい、可能です。

流用が前提ですが、画像への参照URLを書き換えることができますので、特定の画像を代わりに挿入することができます。

はい、可能です。

MFEdit、およびPC向けのCSSに記述することで、フォントサイズをカスタマイズ可能です。

ブロック単位で変換を「無効」にすることができます。

また、URL末尾に「#noconvert」をつけると一時的に変換を「無効」にできます。

HEADING: ABOUT INSTALLATION

導入に関して

1ヶ月のトライアルが可能です。

機能制限はなく、存分にGCモバイルファーストをお試しいただけます。

導入は、サイトに数行の JavaScript コードを追記いただくのみです。加えて、カスタムルールを記載したファイルが追加で必要になる場合があります。

行いません。

MFEdit は認証情報を確認するため、弊社サーバーと通信を行う場合がございます。

任意のファイルに保存されます。

通常のコンテンツ管理システムなどを利用し、バージョン管理を行うことが可能です。

Google Chrome, Firefox, Safari およびそれらのモバイル版ブラウザ、IE11、および MSEdge に対応しています。

新しいバージョンのランタイムJS/CSSをサーバーにアップロードします。一般的なライブラリを扱う場合と同様に、事前に動作の確認を強く推奨します。

HEADING: ABOUT REGISTERATION

契約に関して

1ドメインで提供される、1サービスを想定しています。

ただ、場合によっては、マッチしない場合などは、お気軽にお問い合わせください。お客様のご要望にフィットするプランなどのご提案をさせていただきます。

かかります。

トライアルの期間を除き、実行ファイルおよび MFEdit は契約者のみへのご提供とさせていただいております。

制限はありません。

1サイト契約単位でのご提供となります。

契約対象サイトを開発・運用している担当者であれば、インストール台数に制限はありません。

MFEdit 起動時に確認を行います。

認証された MFEdit でのみ、ルールを書き出すことができます。

代理店はありません。

HEADING: HELP

サポート

Return to Top