チュートリアル - STEP4

セクション内の細かいレイアウトの調整は理解できましたか?次はナビゲーションの調整を行っていきます。

4-1 ナビゲーションの出し分け

現在ナビゲーションはスマートフォン向けサイトのUI(ハンバーガーメニュー)が表示されています。このSTEPではパソコン用のナビゲーションを実装します。

この機能はMFEditのみ編集することが出来ます。

具体的には以下の2つを行い変更後のキャプチャと同じ内容になるようMFEdit上で調整していきます。

  • HTMLを差し替える
  • パソコン向けサイトにだけ動作する CSS を記述する

変更前                     変更後

4-2 HTMLを差し替える

ヘッダーの中に収納されているメニューをパソコン向けサイトの時に表示させる方法を紹介します。ナビゲーションをパソコンの時には表示方法を切り替えるために、パソコン向けサイト用のナビゲーションHTMLを作成します。

今回はHTMLを用意してあります。

4-2-1 データの定義

今までHTML上に直接記述していた場合
MFEditで設定していた場合

MFEditの使い方はチュートリアルSTEP1に記載しているのでわからない方は参照してください。

まずは差し替え後のパソコン向けサイト用ナビゲーションのHTMLを登録します。

ページ設定をクリックします。

ページ設定一覧の下部にあるサイト共通設定をクリックします。

次にデータ定義をクリックします。

ここにHTMLのデータを登録します。

追加をクリックします。

まずHTMLのデータの名前を決めます。名前は自由に設定できますが、今回はPC-navと記述してください。次に差し替える用のHTMLを記述します。

HTMLには以下のパソコン向けサイト用のナビゲーションHTMLをコピーして保存をクリックしてください。

<ul class="pc_nav">
    <li><a>特徴</a></li>
    <li><a>客室</a></li>
    <li><a>食事</a></li>
    <li><a>交通</a></li>
    <li><a>ニュース</a></li>
    <li><a>予約</a></li>
</ul>

これで差し替え用のHTMLデータの登録が完了しました。

次はデータの差し替えの設定を行います。

4-2-2 置換

MFEditで設定する

データ置換をクリックします。

ここに置換の定義を設定します。

追加をクリックします。

今回は<header>タグの中身を差し替えるため、以下のように置換対象のセレクタを【header】に、置換方法を【要素の内部を置き換える】に、データ選択の箇所を先ほど設定した【PC-nav】に選択し、保存します。

次は見た目を整えるためCSSを記述します。

4-2-3 パソコン向けサイトにだけ動作するCSSを記述する

MFEditで設定する

MFEdit上でCSSの追加を行います。カスタムCSSをクリックします。

テキストエリアが出てきます。ここにパソコン向けサイト用のCSSを記述していきます。以下の CSS を記述して保存をクリックしてください。

header .pc_nav {
    width: 100%;
    text-align: center;
}

header .pc_nav li {
    display: inline-block;
    margin-right: 3rem;
}

header .pc_nav a {
    text-decoration: none;
    color: #fff;
}

パソコン向けサイトのナビゲーションの見た目が整いました。

次のステップへ

HTMLの差し替えと、CSS の追加を行いました。うまくできましたでしょうか?

このページでは主にナビゲーションの調整を行いましたが、HTML の差し替えやパソコン向けサイトのCSSの追加方法はわかりましたか?

GCモバイルファーストではパソコン向けサイト向けのCSSやHTMLの差し替えをスマートフォン側に一切影響を与えることなく行うことが出来るため、スマートフォン側のデザインが崩れるなどの手戻りがなく開発をスムーズに進めることが出来ます。

次のステップではスマートフォン側にGoogleMapとtwitterのコンテンツを挿入し、GCモバイルファーストでも問題なく動くことを確認していきます。