MFEdit - 反映方法

レイアウトオプションファイルの配信方法を解説します

作成・編集したレイアウトオプションを実際の環境に反映するには、設定内容をエクスポートする必要があります。エクスポートは、「オプショントップ」の最下部にある、「設定ファイルをエクスポート」から行います。

エクスポートした設定ファイルをレイアウトオプションファイルと呼びます。

保存したレイアウトオプションファイルについて

レイアウトオプションファイルは、JSファイルとして保存されます。このファイルをWEBサーバーにアップロードし、HTML中にscriptタグを使って読み込むことで、MFEditで行った変更を反映させる事ができます。

<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0">
<link rel="stylesheet" href="/gcmf/gcmf-1.3.0/gcmf.min.css">
<script src="/gcmf/config/gcmf-config.js"></script>
<script src="/gcmf/gcmf-1.3.0/gcmf.min.js"></script>

レイアウトオプションファイルは、必ず「gcmf.min.js」よりも前に読み込んでください。