リファレンス - GCモバイルファーストとは

GCモバイルファーストについての概要説明

GCモバイルファーストとは

GCMF.js と MFEdit を主軸とした、ウェブページ変換ライブラリです。

他の変換ライブラリと決定的に違うポイントは、スマートフォン向けサイトをパソコン向けサイトに変換することです。

特徴

GCモバイルファーストには、以下のような特徴があります。

  • GCMF.js - JavaScript ベースの軽量ライブラリ
  • スマホ向けページをグリッド形式にレイアウト調整
  • 既存 Web アプリケーションへの組み込み方式
  • JavaScript ライブラリ及び CSS フレームワークとの依存関係なし
  • MFEdit - Google Chrome 拡張機能による開発ツール
  • 外部設定ファイルによる変換ルール指定
  • MFC - デザインコンポーネント

モバイルファーストでサイトを構築する意味

モバイルファーストとは、スマートフォン向けサイトを先に作ればいいこと、と思われがちですが、実は厳密にはそうではありません。

スマートフォンは、パソコン向けのブラウザに比べ、画面が小さく、使用する場所や状況によっては、4Gを活かした高速通信ができない場合があります。そのため、無駄を限りなく減らした、軽快でユーザの目的を簡潔に達成できるウェブサイトの構築が必要です。

Google が提唱したレスポンシブウェブデザインは、ひとつの HTML ソースで複数のデバイスに対応できる素晴らしい手法です。しかし、この手法は、設計や構築に十分に注意を払わなければ、含まれるコンテンツが大きくそして重くなりがちで、厳しい環境に置かれるモバイルデバイスでは、ユーザー体験が悪くなってしまう可能性があります。

そのため、パソコンファーストでの考えから、スマートフォン向けのコンテンツを最初に考えようと、新たに考えられた手法がモバイルファーストという考え方なのです。

つまり、モバイルファーストとは、ユーザー中心、そしてコンテンツ中心を背景とした、サイト構築手法ということになります。

モバイルファーストで作るメリット

モバイルファーストの考え方はモバイルユーザーの為にありましたが、実はパソコンユーザーにとっても重要だと認識されてきています。

モバイルを優先して作れば、余計なものは入れられません。ひとつの画像、ひとつの言葉にそれぞれ重みがあり、コンテンツの透明度が増し、結果的にパソコン向けのコンテンツも、シンプルで使い易くなります。

あわせて読みたい