シンメトリック公式BLOG
システム開発のノウハウをまとめています

ラウンドアバウトが実現するリッチな携帯サイト

 最初にリッチの定義からします。 リッチ=ユーザビリティが高い ユービリティが高いとは、コンテンツが見易く、欲しい情報に素早くアクセスし、正確な情報を得ることができ、操作に迷わないデザインです。最終的にコンテンツ制作者の腕にかかってくることですが、携帯サイトでは、様々な制約があることから、特殊な腕を要 …

携帯サイトのデザインが貧弱な理由

 この業界にいる身としては悔しいですが、一般的に携帯サイトはデザインは貧弱と思われています。理由は、小さな画面、テキスト中心、単純なレイアウト(人によってはI型とか言う)などによるのでしょう。 小さな画面は仕方ないとして(携帯できないと意味ないですから…)、テキスト中心、単純なレイアウトに …

携帯画像:ブラウザーキャッシュ容量問題:ラウンドアバウトの解決法

 ラウンドアバウトは、コンテンツ制作からブラウザーキャッシュ容量の制約を完全に除去します。アプローチとして、ブラウザーのハードウェアの容量を上げられないのであればコンテンツの容量を下げるしかありません。ラウンドアバウトも他の一部のソリューションと同様に画像の品質をダウンさせることで、容量を削減しますが …

携帯画像:ブラウザーキャッシュ容量問題:これまでの対策

 ブラウザーキャッシュ問題は昔から携帯開発者を悩ませていた最大の問題です。ブラウザーキャッシュが10Kバイトのような時代には、テキストだけでも制限を越えてしまう場合もあり、1ページあたりの情報を少なくするしかありませんでした。しかし、今日の100Kバイト以上の端末がほとんどを占めるようになると、まずテ …

携帯サイト画像:VGA問題

 画像の問題のもう1つである容量の違いに触れる前に、新しい問題としてVGA対応について触れましょう。 これまでの3~4年間はQVGA(横幅240px)の端末が事実上の標準機であり、仕様上の上級機でした。より古い端末でも200pxを切るような端末は5~6年前でもほとんどありません。つまり、画面サイズは上 …

携帯サイト画像:画面サイズ問題

 携帯サイト制作の肝とも言える画像問題について考えます。根本の問題は2つです。 機種毎に画面サイズが異なる 機種毎に容量が異なる ここでは画面サイズの問題にフォーカスします。歴史的経緯(?)から過去の端末において、端末のブラウザーからはみ出してしまうとエラーになり、表示されないという問題がありました。 …

HTMLは何を使ったらいいのか?

 全キャリア対応の携帯サイトを作る際に最初に決めなければいけないものが、使用するHTMLです。そして、ほとんどの場合、iモードXHTMLを推奨しています。もしサイトが2Gもサポートしたいのであれば、iモードHTML(CHTML)となるか、2G/3Gで2つの言語を出し分けることになります。 細かい仕様の …

携帯サイト制作会社の意識の壁

 ラウンドアバウトを紹介して回る先にモバイルコンテンツプロバイダー(MCP)は外せません。ラウンドアバウトの良さを一番に理解してくれる企業にでしょうから。様々なお付き合いの中で、開発現場の方から開発マネージャーや経営TOPに近い人まで多くの人に見てもらってきました。ほとんどの人からポジティブなコメント …

Web制作会社と携帯サイト制作会社の間の深い溝

 ラウンドアバウトが出来上がろうとしていた時期に、Web制作会社(携帯も作るがPCサイトメインの)へ製品紹介をしていた時の話です。そもそもなんでWeb制作会社へ行ったかと言えば、ラウンドアバウトは携帯の煩わしい問題を無くしてしまうので、業務の幅が広がるという話をしにいった訳です。そこで聞いた話は、この …

Page Top