シンメトリック公式BLOG
システム開発のノウハウをまとめています

製品コンセプト

1/10ページ

入力から素材を取り出すとはどういうことか

 今回は、「入力から素材を取り出す」ことを話題にします。「入力から素材を取り出す」ことは、次のように言い換えることができます。 与えられた具体的なデータに対して、そこに内在する抽象的構造を見抜き、その構造を、より扱いやすい形にして抽出する。 このことを少し掘り下げてみます。 内容: 同期のための構造変 …

ツリー変換に向いたプログラミング・パラダイムは?

 前の2つの記事(「GCの変換は、更新ではなく、再構成です。」と「PC→SP変換を再構築方式にする条件」)において坂田さんは、ツリー処理に関して「更新」と「再構築」という2つの方式を紹介すると共に、次のように述べています。 複雑なページや大量のページが対象である場合、工期やコスト・品質において、再構築 …

ラウンドアバウト(スマートフォンを携帯に変換)の魅力

  ユーザーがフィーチャーフォンからスマートフォンにシフトしている現在のモバイル事情を考えるとラウンドアバウトという変換製品は大変時代にマッチした製品であると我々は考えています。 実際にラウンドアバウトを使ってスマートフォン対応(スマートフォンシフト)を行なったエンドユーザーに、製品選択の理由を聞くと …

スマートフォン、「化」と「シフト」の違い

 スマートフォン対応を考える場合に様々な手法やソリューションが世の中には存在します。 その手法やソリューションは大別すると2つに分かれます。「スマートフォン化」するものと「スマートフォンシフト」するものです。この2つの違いについて今回は書きたいと思います。 スマートフォン化について   「スマートフォ …

スマートフォン対応の時間要件「早急に対応を!」

    スマートフォンの端末販売シェアは、2011年5月までは30~40%を緩やかに上昇していました。その後、6月に50%を超えると、10月にはauでのiPhoneの発売を受けて一気に70%を超えるようになりました。また2012年夏の新機種発表でもほとんどがスマートフォンという結果でした。僅 …

考えるのは、スマートフォンにいつ「シフト」するか?

   スマートフォンの普及により、各社から様々なコンテンツ変換ツールが発表されています。そのような中で、比較対象が多すぎてソリューションの整理が付かない方も多いと思います。そういう方を特に対象に今回の記事から数回に渡ってコンテンツ変換を取り巻く事情について解説していきたいと思います。その第1 …

スマートフォン対応:PCとケータイサイトを持っている場合

 PCと携帯サイトを持っている場合、スマホ対応後もこれまで通り携帯をサポートしなくてはなりません。スマホは、使い方は携帯と同じ、能力はPC並みというデバイスであるため、4つの選択肢があります。 ①スマホ専用サイトを開発し、PC/スマホ/携帯の3サイト②モバイル(スマホ&携帯)サイトを開発し、携 …

スマートフォン対応:PCサイトだけを持っている場合

 PCサイトだけを持っている場合、今後伸びていくスマホ対応の検討は、最初にモバイル全体に対してどのようなアプローチをしたいか判断することから始めます。 モバイル端末である携帯とスマホですが、携帯は2種類あると考えることを奨めます。全ての買い替えユーザーがスマホになるのではありません。2011年時点では …

スマートフォン対応の目的と最適なソリューション

 現在、ラウンドアバウトは、スマートフォンサイトを作ってスマートフォンとケータイをフルカバーできる唯一のソリューションとして、多くの企業に導入されてきています。様々な検討の末、ラウンドアバウトを最適ソリューションとして選択してもらえた時は、非常に嬉しい瞬間です。 重要なことの1つは、顧客がラウンドアバ …

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Page Top