シンメトリック公式BLOG
システム開発のノウハウをまとめています

ラウンドアバウト

4/10ページ

Apacheモジュールである圧倒的なパフォーマンス上の優位性

 通常のWebアプリケーションにおけるHTMLはキャッシュできないので、Apacheモジュール型のラウンドアバウトは、サーバー型(リバースプロキシー型とも言う)に比較して圧倒的に有利です。更に言えば、多くのシステムのフロントエンドにはApacheが配置されています。つまり、ラウンドアバウトは既に起動し …

コンテンツ変換でHTMLキャッシュありのパフォーマンスは意味が無い

 前回のエントリーで書いたように、同じコンテンツとして保証できない、またユーザーアクセスをアプリケーションに届けなければいけないために、HTMLはキャッシュしてはいけないので、変換後のHTMLキャッシュを基準にパフォーマンスを計測することは、意味がありません。 特定のコンテンツが、ユーザーセッションも …

HTMLをキャッシュしてはいけない

 コンテンツ変換システムでは、パフォーマンスを確保するためにキャッシュをどのように設計するかは重要な設計方針です。画像については幾つかのエントリーで触れていますが、ここではHTMLについて考えてみます。最初に単純な問いかけを想定します。 ”http://ra.jp/index.html”というアクセス …

携帯サイト制作の実践ノウハウ:コンテンツ変換をカスタマイズする2つの方法

 ここ数回のエントリーで、「PI機能」や「変換シート」を利用してコンテンツの表示コントロールをする方法を紹介しています。どちらもカスタマイズが可能なコンテンツ変換機能ですが、今回はこの2つの機能の違いや使い分けについて説明します。 ●PI機能を使った変換イメージ ●変換シートを使った変換イメージ まず …

携帯サイト制作の実践ノウハウ:破線や色付きの区切り線をhr要素で表示する

 以前外部CSSでのエントリーでも触れましたが、区切り線(hr要素)はキャリアごとにCSSプロパティの効き方が異なるので、破線や色で装飾したhr要素を3キャリアで使うのは大変です。hr要素の代わりにいっそ画像を使うというのも一つのよい判断です。 しかし画像にしたらしたで、src属性を書くことでHTML …

携帯サイト制作の実践ノウハウ:キャリア別にメール受信設定リンクを出分ける

 空メールを使った携帯サイトやサービスがよくあります。迷惑メールを懸念し携帯ドメイン以外のメールアドレスからの返信を拒否するユーザーも多いので、ユーザー離脱を起こしやすいです。こうしたユーザーに配慮し、ドメイン拒否指定をの解除がしやすいように、メール受信設定が行えるキャリアのURLにリンクを貼るなどし …

携帯サイト制作の実践ノウハウ:プログラムレスで全角カタカナを半角カタカナに変換・表示する方法

 PCでは見やすい全角文字も、携帯では表示可能な幅が小さい関係上、縦に長くなりやすく見難くなるので、半角カナがよく使われます。全角を半角に変換する作業を人手で行うのは大変です。特にPC・携帯でデータソースを共有したりコンテンツ量が多い場合は、変換処理を行うアプリケーションが必要になります。 ラウンドア …

携帯サイト制作の実践ノウハウ:マルチキャリアで見えるコピーライトマーク(©)の出し方

 コピーライト「©」や登録商標「®」のような文字参照は、auでは「C」「R」と表示されます。下のように英字テキストと接したところが「R」や「C」になってしまうと、ユーザーに正確な情報が伝えられないので困り者です。 (W61Kでの登録商標マーク、コピーライトマークの表示) ラウンドアバ …

携帯サイト制作の実践ノウハウ:ドコモ絵文字を本来の色で見せたい

 デフォルト(青)以外のリンク色が設定されたページで、リンクテキストに絵文字を使うと、ドコモでは絵文字の色がリンク色と同じになります。リンクに限らず通常のテキストに色指定した場合も同様のことが起きます。これでは絵文字の装飾が際立たず、見栄えもしません。 本来の絵文字の色に戻すには、下のソースのようにs …

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Page Top