Category Archives: モバイルサイト開発

スマホはTLS 1.0を無効化してはいけない

最近、SSL/TLSの脆弱性が話題になっていて、対応を考えている人も多いと思いますが、セキュリティ対策を実際に講じるか否かは慎重に判断する必要があります。というのも、SSL/TLSの設定変更を行うと、スマートフォンからアクセスできなくなる可能性があるからです。

続きを読む

スマートフォン用URLへのリダイレクト設定

PCサイトのURLとスマートフォンサイトのURLが異なる場合、スマートフォンからPCサイトにアクセスした場合や、PCブラウザからスマートフォンサイトにアクセスした場合にリダイレクトを設定します。今回は、Apacheを使用したリダイレクトの設定方法をまとめます。

続きを読む

スマートフォン向けページャーデザイン3選 PCからのUI最適化

商品一覧や検索結果のように、一覧を表示するページでは、ページを切り替えるためのページャー(ページナビゲーション)がよく使用されます。スマートフォンサイトでも、ページャーを使用することが多いのですが、PCサイトで使われるページャーといくつかの違いがあります。

続きを読む

ワンクリックでPC⇒スマホのサイト変換『dudamobile』を使ってみた

近年スマートフォンの利用率が急速に増え、サイト対応を迫られることも多くなってきている。今回紹介するdudamobile(以下duda)は既存PCサイトからスマートフォン向けサイトへの変換をしてくれるサービスで、『たったワンクリックでスマートフォン向けに変換』をキャッチフレーズにしている製品である。オープン当初から注目を集め、既に全世界で140万ものサイトを変換(2012/03時点)しており、4月にはgoogleとの提携も発表するなど、既に世界的に有名なサービスの一つとなっている。そんなdudaのサービスを実際に試してみたので紹介する。

duda_top03.png

図1.dudamobile

[目次]
1.利用の流れ
2.気になる点
2.1.マルチデバイス対応
2.2.自動変換
2.3.自動同期
3.まとめ
続きを読む

徹底検証!スマートフォンサイトで画像サイズは320px?480px?640px?

スマートフォン端末が急増してきて、スマートフォンサイト制作をお考えの方も多いことでしょう。そこで素朴な疑問として出てくるのが画像サイズを何を基準に作成するべきか?ってことです。各スマートフォンが持つブラウザ横幅と解像度が必ずしも一致しないので、一体何を基準に作ればよいかわからなくなります。今回はこの疑問を解決すべく、実際に主なスマートフォン端末の画面解像度である320px、480px、640pxについて種類の異なる画像を用意し、、実機で見たときにどの程度の違いがあるかを検証してみました。

調査結果としては、以下の通りでした。

iPhone3GS iPhone4 Xperia arc
640px画像
480px画像
320px画像 ×
画像解像度の違いによるメニュー画像の視認レベル
iPhone3GS iPhone4 Xperia arc
640px画像
480px画像
320px画像

 

画像解像度の違いによる写真画像の視認レベル

 

私の結論を先に言ってしまうと、

480px基準の画像で作成し、通信量を抑えつつも画像の綺麗さも担保する

が一番ベストな方法だと思います。

では、次から今回の結論に至った、実際の調査内容について触れていきたいと思います。

続きを読む

au 2011年秋冬モデルで何が変わったか?

auでは今年の秋冬モデルから新仕様の端末F001が発売された。新仕様の端末は従来の端末とは異なり、IPアドレス帯域が新仕様端末専用の帯域に変更された。

新仕様についてはauの技術サイトEZFactoryにも掲載されているけど圧倒的に情報量が少ない。掲載されている情報が全部とも思えないので、実機を使って実際の仕様を調べてみた。

続きを読む

携帯サイトを簡単にスマートフォン対応するsparrow.jsについて

9月にシンメトリックからscriptタグを1行追加するだけで携帯サイトがスマートフォンでも同じように見れるようになるJavaScriptソフトウェア「sparrow.js」がリリースされました。sparrow.jsはソースが公開されており、誰でも手軽に利用することができます。是非ご利用になってみてください。

リリースの宣伝はこれくらいにして、今回の記事ではsparrow.jsについてを解説したいと思います。

続きを読む

リダイレクト時のステータスコードには何を使えばいいか?

HTTPではリダイレクトするときに300番台のステータスコードを使用する。具体的に言うとリダイレクトを表すステータスコードには301/302/303/307の4種類があって、用途によって使い分けられるようになっている。

が、モバイルの世界では4種類のステータスコードを自由気ままに使えるわけじゃない。実機での調査結果を元に、ステータスコードの使い方をまとめてみた。

リダイレクトの関連記事:

続きを読む