Author Archives: koreadays

SSL/TLSページの動作確認用コマンドライン 3選【Linux】

サーバーにApacheやnginxをセットアップした後の動作確認は、ブラウザを使うのが通常です。
しかし、公開準備中のシステムの場合、外部からWebサーバーへの接続ができず、ブラウザを使った動作確認ができないことがあります。

HTTPページであれば、telnetクライアントを使ったWEBサイト確認方法にある方法が使えますが、SSL/TLSページの場合は使えません。

そこで、SSL/TLSページでも使える、コマンドラインによるWebサイトの動作確認方法をまとめてみました。
なお、この記事はCentOSやRHELなどLinux系OS上にWebサーバーをセットアップし、サーバー証明書をインストールしたときの動作確認を想定しています。

続きを読む

スマホはTLS 1.0を無効化してはいけない

最近、SSL/TLSの脆弱性が話題になっていて、対応を考えている人も多いと思いますが、セキュリティ対策を実際に講じるか否かは慎重に判断する必要があります。というのも、SSL/TLSの設定変更を行うと、スマートフォンからアクセスできなくなる可能性があるからです。

続きを読む

Windows 10 日本語版の仮想環境をHyper-Vで構築する

Windows 10がリリースされてから1か月が過ぎました。今後、多くのWebサイトやアプリケーションでWindows 10への対応が必要になります。

今回は、Windows 10日本語版の仮想環境をWindows 8.1上のHyper-Vで構築する方法をまとめました。

続きを読む

スマートフォン用URLへのリダイレクト設定

PCサイトのURLとスマートフォンサイトのURLが異なる場合、スマートフォンからPCサイトにアクセスした場合や、PCブラウザからスマートフォンサイトにアクセスした場合にリダイレクトを設定します。今回は、Apacheを使用したリダイレクトの設定方法をまとめます。

続きを読む

Apacheでリバースプロキシする際にリモートIPアドレスを保持するには?

リバースプロキシサーバーを経由してオリジンサーバーにHTTP接続する環境では、接続先サーバーにブラウザのIPアドレスが記録されません。そのため、アクセスログ解析ができなかったり、IPアドレスベースの認証ができないといった問題があります。

ジーンコードなどWebサイト変換製品もリバースプロキシ型なので、同様の問い合わせを受けたりします。

この問題に対処する方法を3つ紹介します。

続きを読む

スマートフォン向けページャーデザイン3選 PCからのUI最適化

商品一覧や検索結果のように、一覧を表示するページでは、ページを切り替えるためのページャー(ページナビゲーション)がよく使用されます。スマートフォンサイトでも、ページャーを使用することが多いのですが、PCサイトで使われるページャーといくつかの違いがあります。

続きを読む

au 2011年秋冬モデルで何が変わったか?

auでは今年の秋冬モデルから新仕様の端末F001が発売された。新仕様の端末は従来の端末とは異なり、IPアドレス帯域が新仕様端末専用の帯域に変更された。

新仕様についてはauの技術サイトEZFactoryにも掲載されているけど圧倒的に情報量が少ない。掲載されている情報が全部とも思えないので、実機を使って実際の仕様を調べてみた。

続きを読む