シンメトリック公式BLOG
システム開発のノウハウをまとめています

スマートフォン対応の目的と最適なソリューション

現在、ラウンドアバウトは、スマートフォンサイトを作ってスマートフォンとケータイをフルカバーできる唯一のソリューションとして、多くの企業に導入されてきています。様々な検討の末、ラウンドアバウトを最適ソリューションとして選択してもらえた時は、非常に嬉しい瞬間です。

重要なことの1つは、顧客がラウンドアバウトを正しく理解して、最適解として選択してもらうことです。選択後に誤ったソリューションだと気づくのは、両者にとって不幸です。そのようなことを防ぐために、ラウンドアバウトとそれ以外のソリューションが、どのように違うのか、ここで整理してみることとします。

モバイル変換ソリューションやスマートフォン(以下スマホ)対応とインターネットで検索すれば、おおまかに次のようなグループに分かれます。

【ソリューションの種類】
① 3キャリア変換 製品・ASP
② スマホ→携帯変換 製品(ラウンドアバウト&ラウンドアバウト・クラウド)
③ PC→スマホ変換JS

3つの違いと、何を基準に選択すればよいかを解説します。

スマートフォン対応の目的を再確認する

スマホはPCサイトを見ることができるので、情報や機能不足が対応策ではありません。その目的は2つあります。ソリューションがこれらの問題に対してどの程度効果的か対象のコンテンツで判断する必要があります。

【操作性】デザインが大画面PC用の為、閲覧に煩雑なタッチ動作が発生し使い勝手が悪い
→小画面、片手操作、立ち姿勢、タッチUIF、仮想キーボードに適したデザイン

【情報量】データ量がブロードバンドPC用であり、スマホでは表示・実行に時間が掛り、離脱されやすい
→テキスト量、画像サイズの3G回線で軽快な表示速度となるデータ量

ここに付け加えて、PCサイト同等のサービスレベル【高サービス】を確保していること、これらがスマホ対応で実現すべき目標となります。

元となるソースが何かよってソリューションが変わってくる

どのソリューションもスマホサイトを単独で作るのではなく、他のデバイスとシステムを共通化することで、単独に作るよりもコストを削減することを狙っています。

3つのソリューションの根本的な違いは、元のソースが何であるか?です。

ソリューションタイプ 元のソース 変換で生成されるソース
3キャリア変換 ドコモサイト ソフトバンク、au、スマートフォン
スマホ→携帯変換 スマートフォンサイト スマートフォン、携帯
PC→スマホ変換JS PCサイト スマートフォン

【操作性】から見れば、 唯一最初からスマホ用でサイトを用意するスマホ→携帯変換が最も適しています。PC→スマホ変換ではスクリプトが使えるため、スマホの良さを生かしやすいと言えます。3キャリア変換は携帯サイトを見た場合の崩れを補正する程度となります。

【情報量】でも、スマホ用に設計されたスマホ→携帯変換が最適量に対応ができます。他の2つでは情報量は決まっているので、PC→スマホ変換では多すぎ、3キャリア変換では不足していると、一般に言えます。

【高サービス】においては、スマホ→携帯変換とPC→スマホ変換は並びます。3キャリア変換においては機能が不足している傾向があります。

現在のサポートデバイスによって、ソリューションの選び方が変わる

見てきたように、目的に対する実現度で見れば、スマホ→携帯ソリューションは最も高いと言えます。ただ、他の2つのソリューションは既存のPCまたは携帯サイトがそのまま流用できるという利点があります。

また、コンテンツの特性によっては、それほどソリューション間に差の出ないこともあります。その為、次の記事からは現在の2つのサイト状況(①PCサイトだけある、②PCサイトと携帯サイトの2つある)に応じて、ソリューションの選択をどのように進めていくとよいか、深堀していきます。

関連記事:スマートフォン対応:PCサイトだけを持っている場合
関連記事:スマートフォン対応:PCとケータイサイトを持っている場合

Page Top