シンメトリック公式BLOG
システム開発のノウハウをまとめています

DoCoMo、SoftBankのGPSを使った位置情報取得って、どうなってるの?

au、DoCoMo、SoftBankの3社それぞれに位置情報取得サービスがあります。歴史的な事情から、1つの通信業者が複数の位置情報取得サービスを提供しているのですが、現状において最も精度の高いGPSサービスは、auではgpsOne、DoCoMoではGPSナビ、SoftBankではS!GPSナビです。これら最新のGPSサービスについて紹介したいと思います。

auのgpsOneでは、device:gpsone?という記述方法を利用して位置情報を取得することができることを、前回紹介しました。それではDoCoMoとSoftBankで位置情報を取得する場合はどうすればよいのでしょう?今回はその方法について書きたいと思います。

DoCoMo GPS機能で位置情報取得

DoCoMoは位置情報取得時の記述方法がauやSoftBankに比べて、非常にシンプルでわかりやすいです。

Aタグ

<a href="example.html" lcs>位置情報取得 </a> 

FORMタグ

<form method="get" action="example.html" lcs >
<input type="submit" name="クエリ送信" />
</form>

DoCoMoはAタグ、FORMタグ共にlcsだけで属性値は不要です。これで、携帯端末側に位置情報取得に関する確認画面が表示され、位置情報の取得を行います。位置情報取得後はAタグで指定されたURLに位置情報パラメータが付与されます。なお、セッションID等の独自パラメータを追加しても問題ありません。下記が弊社内で取得した位置情報が付与されたリクエスト例とパラメータの詳細です。

example.html?lat=%2B35.40.16.443&lon=%2B139.41.24.398&geo=wgs84
&alt=%2B64.000&x-acc=1

DoCoMoパラメータ対応表
パラメータ名 値と説明
lat 緯度情報
緯度表記:dd.mm.ss.sss %2Bは+
lon 経度情報
経度表記:dd.mm.ss.sss %2Bは+
geo 測地系の種類
GPS機能対応iモード端末にて測位した場合、世界測地系(wgs84)となります。
x-acc 測地結果の測位レベル(誤差)
1:300m<=水平誤差
2:50m<=水平誤差<=300m
3:水平誤差<50m

SoftBank S!GPSナビで位置情報取得

SoftBankの最新の位置情報サービスであるS!GPSナビは、3GC型端末からのみ利用可能です。

Aタグ

<a href="location:auto?url=example.html">位置情報取得</a>

FORMタグ

<form method="get" action="location:auto?">
<input type="hidden" name="url" value="example.html" />
<input type="submit" value="クエリ送信" />

autoの部分は、cell(簡易位置情報)、gps(S!GPS)が置き換え可能です。location:cell?とすると簡易位置情報を取得します。location:gps?とするとS!GPSを利用しての位置情報を取得します。location:auto?は端末の設定に従うという意味です。
3GC型端末でS!GPSナビに対応していない端末の場合、location:gps?と指定していると動作しません。
サービスの内容にもよりますが、動作しないことは避けたいと思いますのでautoを推奨します。
なお、セッションID等の独自パラメータを追加しても問題ありません。
下記が弊社内で取得した位置情報が付与されたリクエスト例とパラメータの詳細です。

example.html?pos=N35.40.8.35E139.41.25.15&x-acr=3&geo=wgs84

SoftBank 3GC型端末パラメータ対応表
パラメータ名 値と説明
pos 座標値
緯度経度表記:dd.mm.ss.ss
N:北緯S:南緯E:東経W:西経
geo 測地系の種類
世界測地系(wgs84)が標準です。
x-acr 測地結果の測位レベル(誤差)
1:300m以上
2:50~300m
3:50m以内

前回と今回の記事で、3キャリア分のGPS機能の使い方をまとめることができました。今までの情報を利用して、是非GPS機能を利用してみてください。ちなみに、ラウンドアバウトを使うと、こうしたタグの出しわけをアプリケーション無しで行うことが出来ます。
次回は測地系について書きたいと思います。

最近ではGPS機能を利用した国盗り合戦ゲームが公式サイトであるようです。GPSを利用したおもしろサービスが今後も増えるでしょうね。楽しみです。

参考サイト:Yaskey(GPS携帯 位置情報 基礎知識)

関連記事:非公開情報だよ!au GPSの使い方

Page Top