報道関係者各位
スマートフォン基準のモバイル変換製品「ラウンドアバウト」が2.1にバージョンアップ。IIS版の追加、CDNとの連携強化、WindowsPhoneへ対応を行なった。

2011年10月03日

株式会社シンメトリック
代表取締役 坂田 和敏

株式会社シンメトリック(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 坂田 和敏)は、スマートフォン基準のモバイル変換製品「ラウンドアバウト」が2.1にバージョンアップ。 IIS版の追加、CDNとの連携強化、WindowsPhone対応を行ないました。

ラウンドアバウト バージョン2.1の概要

IIS版

これまでのLinux(Karnel2.6)に加え、WindowsServer2008R2に対応しました。
IIS版ではLinuxオリジナル版V2.1のフル機能に加え、クッキーエミュレーション機能を追加しました。
これにより、Windows構成のプロプライエタリなWebシステムにおいても、高速で強力なモバイル変換製品「ラウンドアバウト」をWindowsネイティブで利用できるようになりました。
IIS版の提供によって、Windows構成の多い金融分野などでの採用を推進していきます。



CDN連携強化

今回のバージョン2.1では大規模サイトではよく利用されるCDNとの連携を強化しました。
同一URLへのアクセスに対してデバイス毎に最適なコンテンツを出力するコンテンツ変換では、 CDNとの連携は原理的に困難です。ラウンドアバウトV2.1では、その原理的な課題を大幅に改善させる機能を新たに取り込み、大規模なアクセスに対してシステム自体を巨大化せずに、CDNで負荷を分散させることができるようになりました。
これにより、非常に高いピークのある大規模なECサイトやメディアサイトでの採用を推進していきます。



WindowsPhone対応

WindowsPhone7が2012年9月に発売されたことを受け、スマートフォン間の機種やOSの違いも吸収するモバイルコンテンツ変換のラウンドアバウトは早速WindowsPhone対応を行いました。
これによりiPhone,Android,WindowsPhoneというスマートフォンの違いを吸収するだけでなく、既存ケータイサイトをラウンドアバウトを利用してスマートフォン対応行なった場合も WidowsPhoneに対応可能となりました。



ラウンドアバウト製品サイト
http://www.symmetric.co.jp/roundabout/

株式会社シンメトリックとは

シンメトリックは創業以来10年、進化し続けるモバイル端末に向けて、最適な情報発信をする製品開発を行っています。10年に及ぶ研究・開発によって、durian/roundabout/sparrow.js/footprintという幅広いモバイルソリューション製品群を展開するに至っています。

シンメトリックはこれらの自社製品を軸に、モバイルソリューションのリーディングカンパニーとしてモバイルWebの発展に貢献していきます。

会 社 名
株式会社シンメトリック
代 表 者
坂田 和敏
資 本 金
1,000万円
設  立
2001年
所 在 地
東京都渋谷区富ヶ谷二丁目43番15号 山崎ビル5F
TEL
03-5454-9687
FAX
03-5454-9592
URL
http://www.symmetric.co.jp/
Email
info@symmetric.co.jp
事業内容
携帯WEB開発ソリューションの製品開発
 
携帯WEBコンテンツ変換エンジンの製品開発
 
携帯WEBコンテンツフレームワークの製品開発
 
BLOG、SNSなどのインターネットサービスの提供
 
Web全般(PC、携帯)の企業サイト及びECサイトなどの受託開発
 
Java、PHP、C言語を使用したコンピュータシステムの受託開発

本件に関するお問い合わせ

会社名
株式会社シンメトリック
担当者
山本
TEL
03-5454-9687(土日祝日除く平日/10時~18時)
FAX
03-5454-9592
Email
info@symmetric.co.jp

プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

               
           プレスリリース一覧に戻る