報道関係者各位
Javaベースの携帯コンテンツ変換「Durian4.6」をリリース。新たに、Cookieエミュレーション機能とキャリア別出力切り替え機能が追加され、端末情報にスマートフォンを大幅追加。

2010年11月08日

株式会社シンメトリック
坂田 和敏

携帯コンテンツ変換エンジンを開発・販売する株式会社シンメトリック(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 坂田 和敏、以下弊社)は、マルチキャリアに対応する携帯コンテンツ変換ソフトウェア「Durian(ドリアン)」の新バージョン「Durian 4.6」の販売を開始いたします。

「Durian(ドリアン)」は幅広い携帯端末に対応したWebサイトを構築するためのコンテンツ変換プラットフォームとして、8年以上に渡って提供されているサーバー製品です。

新バージョン「Durian 4.6」では従来のバージョンに比べ、Cookieエミュレーション機能やキャリア別出力切り替え機能を追加し、アプリケーション側の負担をさらに軽減し、より効率的なサイト開発を行えるようになりました。さらに、今後の端末情報にスマートフォンも大幅追加されます。尚、機能追加による価格の変更はございません。

▼Durian製品サイト
http://durian.symmetric.jp/

Durian 4.6の主な特徴

◆Cookieエミュレーション機能により、Cookie非対応端末においてもCookieを利用したアプリケーション開発が可能になります。また、従来のCookieエミュレーションではセッション固定化の攻撃のセキュリティリスクがありました。しかし、ドリアンはセッションレスでの動作をするため、セッション固定化の攻撃ができないセキュアな実装となっています。

◆キャリア別出力切り替え機能により、コンテンツのキャリア別の出し分けがHTML内で行えるようになります。

◆ユーザー情報(ユーザーID等)をリモートサーバにリクエストヘッダで送信する設定ができるようになり、リモートサーバで用意にユーザー情報が取得可能になります。(Proxy版のみ)

◆スマートフォン(Android)の端末情報を大幅追加します。

◆Durianのコンテンツ変換対象外URLが指定できるようになりました。

◆絵文字APIを拡張して、絵文字画像を出力できるようになりました。

既存ユーザへのDurian 4.6の提供について

既存のDurianユーザーへの更新モジュール提供は、Durian開発者サイトから行われます。開発者サイトではログインが必要となりますので、ログイン方法が不明な場合には弊社までご連絡ください。

株式会社シンメトリックとは

2001年の設立時から、MCAPやDurian、そしてラウンドアバウトといった携帯コンテンツ変換ソリューションの製品開発・販売を行っています。また、現在に至るまで、モバイルSIを多数手掛けています。数多くの開発経験をベースに、モバイルビジネスの発展と携帯端末の進化を見据え、常に新たなモバイルソリューションの製品開発を続けています。シンメトリックは製品開発と、開発した製品を利用したSI 案件をシンクロナイズさせながら、モバイルシステム開発を進化させていきます。

会 社 名
株式会社シンメトリック
代 表 者
坂田 和敏
資 本 金
1,000万円
設  立
2001年
所 在 地
東京都渋谷区富ヶ谷二丁目43番15号 山崎ビル5F
TEL
03-5454-9687
FAX
03-5454-9592
URL
http://www.symmetric.co.jp/
Email
info@symmetric.co.jp
事業内容
携帯WEB開発ソリューションの製品開発
 
携帯WEBコンテンツ変換エンジンの製品開発
 
携帯WEBコンテンツフレームワークの製品開発
 
BLOG、SNSなどのインターネットサービスの提供
 
Web全般(PC、携帯)の企業サイト及びECサイトなどの受託開発
 
Java、PHP、C言語を使用したコンピュータシステムの受託開発

本件に関するお問い合わせ

会社名
株式会社シンメトリック
Durian担当者
植田
TEL
03-5454-9687(土日祝日除く平日/10時~18時)
FAX
03-5454-9592
Email
info@symmetric.co.jp

Durianは株式会社シンメトリックの登録商標です。


プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

               
           プレスリリース一覧に戻る