報道関係者各位
スマートフォン対応し、大規模プロキシ構成可能な、コンテンツ変換エンジ「ラウンドアバウト ビヨンド」を発表。これまでサイト個別に対応していモバイル対応を、システム全体で一括して対応可能に。9月上旬発売予定。

2010年07月29日

株式会社シンメトリック
坂田 和敏

株式会社シンメトリック(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 坂田 和敏)は、携帯コンテンツ変換エンジン「ラウンドアバウト」のプロキシ構成に対応した新たなラインナップ「roundabout BEYOND(ラウンドアバウト ビヨンド)」を発表。

プロキシ構成の課題であるパフォーマンスと拡張性を解決しているラウンドアバウト ビヨンドを導入することで、従来のサイト単位からシステム全体のモバイル・スマートフォン対応が可能になり、大規模ネットワーク・複数サイトのコンテンツを一括して適切に変換します。

これにより、複数サイトを抱えるコンテンツプロバイダや大規模ネットワークを持つ企業にとって、今までより低コストで携帯サイト制作・開発を行うことが可 能になります。

roundabout BEYOND(ラウンドアバウト ビヨンド)の概要

ラウンドアバウトの言語変換、画像変換、スマートフォン対応の機能はそのままに、プロキシ構成にも対応したのがラウンドアバウト ビヨンド(以下:ビヨン ド)です。ビヨンドは、今までのプロキシ構成の課題を、ラウンドアバウトの高速性とApacheモジュールであるメリットを存分に生かし、解決しています。また、ビヨンドはセッションレスで動作することから、大規模ネットワークにビヨンドを複数台導入した場合も、単純にラウンドロビン可能であるラウンドアバウトの特長を備えています。

複数の携帯サイトを運用または運用予定の企業、大規模で複雑なネットワーク構成の企業がビヨンドを導入することで、携帯サイト制作に関わる全ての問題をサイト単位ではなくシステム単位で解決し、携帯サイト制作・開発に生じるコストを全体的に下げることが可能です。

【ビヨンドの特長】

・全社の携帯サイト制作の課題をビヨンド1つで解決可能

・複数サイトをビヨンドで一括変換が可能

・ラウンドアバウトを継承した高速動作

・大規模複雑なネットワークにおいても導入が簡単

【ビヨンドのターゲット】

・コンテンツプロバイダ

・複数プロダクト毎にサイトを持つ企業

・複雑なネットワークを持つ企業

・現在のラウンドアバウトのシステム要件に合わない企業

【料金体系】

料金詳細については後日発表。

※料金体系はライセンスと年間保守で構成
※1ライセンスのドメイン数は無制限

※1サーバ1ライセンス単位

▼ラウンドアバウト ビヨンド概要ページ
http://www.symmetric.co.jp/roundabout/system/

▼ラウンドアバウト製品サイト
http://www.symmetric.co.jp/roundabout/

株式会社シンメトリックとは

2001年の設立時から、MCAPやDurian、そしてラウンドアバウトといった携帯コンテンツ変換ソリューションの製品開発・販売を行っています。また、現在に至るまで、モバイルSIを多数手掛けています。数多くの開発経験をベースに、モバイルビジネスの発展と携帯端末の進化を見据え、常に新たなモバイルソリューションの製品開発を続けています。シンメトリックは製品開発と、開発した製品を利用したSI 案件をシンクロナイズさせながら、モバイルシステム開発を進化させ ていきます。

会 社 名
株式会社シンメトリック
代 表 者
坂田 和敏
資 本 金
1,000万円
設  立
2001年
所 在 地
東京都渋谷区富ヶ谷二丁目43番15号 山崎ビル5F
TEL
03-5454-9687
FAX
03-5454-9592
URL
http://www.symmetric.co.jp/
Email
info@symmetric.co.jp
事業内容
携帯WEB開発ソリューションの製品開発
 
携帯WEBコンテンツ変換エンジンの製品開発
 
携帯WEBコンテンツフレームワークの製品開発
 
BLOG、SNSなどのインターネットサービスの提供
 
Web全般(PC、携帯)の企業サイト及びECサイトなどの受託開発
 
Java、PHP、C言語を使用したコンピュータシステムの受託開発

本件に関するお問い合わせ

会社名
株式会社シンメトリック
担当者
山本
TEL
03-5454-9687(土日祝日除く平日/10時~18時)
FAX
03-5454-9592
Email
info@symmetric.co.jp
                  

プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

               
           プレスリリース一覧に戻る