報道関係者各位
携帯コンテンツ変換エンジン「ラウンドアバウト」、0円モデル「roundabout Seed(ラウンドアバウト シード)」と 月額5万円モデル「新・従量版」を加えラインアップを強化。バージョン1.1も同時にリリース。

2009年11月17日

株式会社シンメトリック
坂田 和敏

株式会社シンメトリック(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 坂田 和敏)は、携帯コンテンツ変換エンジン「ラウンドアバウト」 の0円モデル「roundabout Seed(ラウンドアバウト シード)」と月額5万円から料金設定可能な「新・従量版」の2つを加え ラインアップを強化しました。今回のラインアップ強化に伴い、今まで料金的にラウンドアバウトを利用することが難しかった小中規模 のサイトへの導入を新たなメインターゲットとしています。また新ラインアップとなるラウンドアバウトの新バージョン1.1.ではパフォーマンス とメモリ効率の更なる改善が図られました。

▼ラウンドアバウト製品サイト
http://www.symmetric.co.jp/roundabout/

roundabout Seed(ラウンドアバウト シード)登場背景と目的

「携帯サイトをもっと世の中に広めたい」そんな気持ちが込められて誕生したモデルがroundabout Seed(ラウンドアバウト シード)です。

携帯サイトを作るためには専門の知識と技術が必要で、PCサイトに比べるとハードルが高いのが現実です。このハードルをなくすのがroundaboutのような携帯コンテンツ変換エンジン製品です。しかしながら、こういった製品は価格が高く、利用できるのは一部の方だけ です。roundabout Seedは使用条件さえ満たせば0円から利用可能な長期試用版です。このモデルは、携帯コンテンツ変換という製品 を幅広い方に使ってもらい、携帯コンテンツ変換のメリットを多くの方に知って頂くことを目的の1つとしています。また、アイデアはあるけれ ども実現できなかった新たな携帯サービスを誘引することで、携帯業界の発展に貢献することも大きな目的です。

roundabout Seed(ラウンドアバウト シード)の概要

roundabout Seedのご利用にあたっては、申込書の送付と簡単な審査がございます。

【条件】

・健全なサイト及びサービスであること

【機能】

・roundabout Web版と同じフル機能

【制限】

・1分間15PVまで
・クレジットまたは広告バナー表示

【更新】

・6ヶ月間毎に更新申請が必要

【その他】

・保守サポート対象外
・年間5万円のID管理料の負担(別途規定を満たすことにより無料になります。)
※2010年3月31日申込み分までは初年度無料

▼詳細
http://www.symmetric.co.jp/roundabout/seed.html

新・従量版の概要

「新・従量版」は、最低月額料金5万円に保守料金も含み、月間30万PVから10万PV単位での課金となる新たな料金プランです。また、サービスの発展時にアクセス量無制限のWeb版への移行パスを用意することで、初期投資を抑えながら無駄にしない投資が可能です。これまで適したライセンスモデルが無かった次のようなサイトをターゲットにしています。

  • 小中規模サイトでアクセス数に応じたコストパフォーマンスを求めている場合
  • 大規模サイトでもフェイルオーバーに備え、1サーバ辺りのアクセス数を分けている場合
  • 社内イントラネット(業務用アプリ)として携帯サイトを利用したい場合(利用人数がある程度一定)
  • サイトスタート時の初期投資を抑えてスタートし、初期投資を無駄にしたくない場合
  • 画像変換サーバの導入までの予算が無かった場合

また「新・従量版」では月額5万円から利用できることから、画像変換サービスのみを利用するお客様にとっても同額レベルで画像変換だけでなくコンテンツ変換の提供が可能なため、今後は「新・従量版」を軸に画像変換市場への拡大も視野に入れています。

【機能】

roundabout Web版と同じフル機能

【制限】

なし

【料金体系】

基本PV数 30万PV 月額52,500円

以降、基本PV数10万PV追加毎に月額10,500円の追加料金
※設定した基本PV数を超過した場合は10万PV毎に15,750円の超過料金が発生します。

【アップグレード・パス】

1年以上契約した場合に正規Web版から50万円OFF
※以後契約数に応じて1年毎に+50万円OFF

【更新】

最低利用期間6ヶ月
※最長でも12ヶ月に1度、ライセンスの更新が必要になります。
※更新料は一切かかりません。

▼詳細
http://www.symmetric.co.jp/roundabout/license/

ラウンドアバウト バージョン1.1について

ラウンドアバウトバージョン1.1では主にパフォーマンスの改善とメモリ使用量の削減を行いました。

  • ブラウザキャッシュ制御機能の追加
    携帯端末のブラウザキャッシュの制御を行える機能を追加しました。
  • ImageMagick最新版への対応
    ImageMagick最新版6.5.6-10に対応しました。
  • パフォーマンス改善
    CSS展開処理の高速化を行いました。
  • メモリ使用量の改善
    1プロセスあたり約1MBのメモリ使用量の削減をしました。

プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

               
           プレスリリース一覧に戻る