ジーンコードの特長

1つの変換システムで複数サイトをスマホ対応

ECサイトから社内イントラまで



セキュリティ要件やシステムの制約を受けず、あらゆるサイトを変換します

ジーンコードは変換対象とするサイトを選びません。
複雑なセッション管理が必要なサイトや大規模トランザクション系サイト、古くから安定稼働しているレガシーサイトなど、一見不可能と思われるようなサイトでも、ジーンコードは既存システムに一切影響を与えず、安全にスマホ化することができます。

イントラサイトやVPN網を使用する拠点間システムなど、利用するネットワークを問わずご導入いただけます。

自社導入時の代表的な構成例のイメージ

スマホサイト要件に合わせて選べる導入方法



オンプレ可能な堅牢なソフトウェアをクラウド、ASPでも

ジーンコードはお客様の希望するどんな環境へもインストールできるソフトウェア提供型の製品です。
オンプレミスはもちろん、お客様のご要望に合わせたプライベートクラウドや、ASPサービスでのご提供も可能です。

オンプレミスに強い堅牢なソフトウェアを、スマホサイトの要件に合わせた形でご利用いただけます。

自社導入時の代表的な構成例のイメージ

専用ツールがあるから、誰でも、簡単



Webの一元管理が可能にする、スマホサイトのPDCAサイクル

ジーンコードでの制作に必要なのはHTML,CSS,JavaScriptといったWeb標準技術のみです。
ローカルPC上でリアルタイムに変換結果を確認できるジーンコードIDEを使用することで、通常のWeb制作とまったく同じ感覚でスマホサイト開発かが可能です。
自社運用体制をとることで、外注ではできない素早いPDCAサイクルをスマホサイトでも実践できます。

自社導入時の代表的な構成例のイメージ

特許技術が生み出すスマホ最適化への近道



ジーンコード独自のPostJSという技術が無駄な変換工数を大幅に削減

PostJSは、PostJSは、JavaScriptの実行タイミングを監視し、任意のタイミングで「差し込み処理」を行える機能です。

JavaScript、Ajaxといったクライアントでの処理を多用したモダンでインタラクティブなサイトでも、従来のようなポーティング作業をせず、最小限の工数でスマホ向けに変換することが可能です。

自社導入時の代表的な構成例のイメージ

ジーンコードが過去に解決してきたスマホサイト課題

  • 複数ドメインをまたぐWebサービスを固定額でスマホ化したい
  • 異なる事業部が運営する複数のサービスを、同一手法で効率的にスマホ化したい
  • CMSで構築した大量ページを一括してスマホ化したい
  • 社内のスマホサイト構築手法を統一したい
  • 動的ページをコストを掛けずにスマホ化したい
  • 横長なテーブルや情報量の多いページをスマホで見やすく表示させたい
  • セッション管理を伴う会員系サービスのスマホ対応
  • 動的ページをコストを掛けずにスマホ化したい
  • 横長なテーブルや情報量の多いページをスマホで見やすく表示させたい
  • セッション管理を伴う会員系サービスのスマホ対応
  • 変換のために独自の言語やマークアップを使用したくない
  • スマホサイトの運用管理を自社で行い、PDCAサイクルを高速化したい
  • すでに取引のあるベンダーにスマホサイトの開発・運用を依頼したい
  • ログインやセキュア認証が必要なEC、会員向けサービスサイトをセキュリティを損なわずスマホ化したい
  • 証券、信販、ネットバンキング、損保など、セキュリティポリシーが厳しくASPサービスが使用できない
  • アクセス管理を設けている勤怠、社内承認フローなどの業務システムサイトを外部ネットワークからスマホで使用したい
  • Ajaxを多用したインタラクティブなページを効率的にスマホ化したい

1分で出来る!オンラインで概算見積もり

見積もりシミュレーション

デモ依頼・資料請求・お問い合わせはこちら

フォームからお問合わせ