導入事例:JRA(日本中央競馬会) 様
JRA(日本中央競馬会) 様

スマートフォンサイトの運用コストの削減に成功!

JRA(日本中央競馬会)様はコンテンツが今週追加される更新頻度が高いサイトのスマートフォン対応をジーンコードを導入して行いました。
PCサイト用のコンテンツを作成すれば、スマートフォン用のコンテンツは作成せずに済むため、運用コストを削減することに成功しました。

JRA スマートフォンサイト

JRA(日本中央競馬会) 様 http://sp.jra.jp/

JRA(日本中央競馬会)の公式サイト。レース開催日程と登録馬情報、騎手・調教師名鑑、成績集、競馬場・ウィンズほか施設案内、動画配信、競馬入門、JRAの概要についてご覧頂けます。

JRA スマートフォンサイト

ジーンコードを導入したポイント

チェック

毎週発生していたスマホ用のコンテンツ制作作業が不要に

JRA様では、スマホ最適化サイトを部分的にスクラッチで制作することで、スマホ対応をしていました。しかし、毎週追加される新しい情報をスクラッチでスマホ用に制作していく運用方法に頭を悩ませていました。

そこで今回ジーンコードを導入し、PCサイト用のコンテンツをスマートフォン用のコンテンツに自動変換することで、毎週発生していたスマホ対応のためのコンテンツ制作作業が不要になりました。結果としてスマートフォンサイト 運用のコストを削減することに成功しました。

チェック

導入の決め手は『サーバーインストール型』&『自社制作可能で開発効率が良いテンプレート方式』

ジーンコードはApacheのモジュールのため自社サーバーにインストールして使うことができ、セキュリティ面も安心です。
さらにテンプレート方式のため、1つのテンプレートを複数のページに適応できます。そのため1ページずつ作る方式よりも開発の効率が良く、付属のテンプレート制作ビルダーを使用すれば自社で比較的容易にテンプレートを制作できます。なんと導入頂いてから初回リリースまでの期間は約3週間というスピードでした。

1分で出来る!オンラインで概算見積もり

見積もりシミュレーション

デモ依頼・資料請求・お問い合わせはこちら

フォームからお問合わせ